FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事の引当



はい、ってことでー

工事の引当金について書こうかと思います(・ω・)


工事の引当金計上

テキスト見ても


なに言ってるかサッパリわからん


と、思って

分かりやすい説明は無いものかと

ネットで検索したのは何時の事だったか(´σ`)

この方法、どこで見つけたのかすら忘れたけれど

「引当金」ってこういうものだよね

って分かってれば、この方法も思いつくんだろうなぁと

凄く感心したのを覚えております(´ω`)






さて、例題として


例え
工事収益総額は100,000円。
第3期に完成し引渡し
工事進行基準



と、仮定して

まぁ、普通に解いていきます(・ω・)



1.jpg
第1期は 2,350円の利益




2.jpg
第2期は 6,525円の損が出てます



工事収益総額を超過する可能性が高く、かつ、その金額を合理的に見積もることが出来る場合には、工事損失引当金を計上する。


3.jpg


工事総収益より、工事原価の方が多いのが確認できます(・ω・)

超過する額は5,000円(・ω・)

この額に引当金を付していくのですが~~(・ω・)


引当金は
「将来の特定の費用又は損失であって、その発生が当期以前の事象に起因し、発生の可能性が高く、かつ、その金額を合理的に見積ることができる場合には、当期の負担に属する金額を当期の費用又は損失として引当金に繰入れ・・・」

なので

当期の負担に属する金額のブブンを繰入れる

っていう処理をします(・ω・)




なんのこっちゃ??




って話ですね( ーωー)ええ、分かりづらいですね。。。

つまりは

4.jpg

第2期時点での工事進捗度とでも言えばイイカナ?

現時点での総原価と工事全体の総原価の割合は 0.835

83.5%は工事が進んでると考えられます

ということは

第3期は残りの0.165

16.5%進めれば終わりと言うことになります(・ω・)




工事損失は全体で5,000円

当期までの工事原価(進捗)の中に

損失は83.5%分含まれています。

残りの16.5%を費用または損失として引当金で計上すれば

5,000円の損失を当期の費用又は損失として計上できます(・ω・)b



なので

5,000 × 0.165 = 825

が、引当金繰入額となり

この金額を当期の費用または損失として計上させて

第3期には

引当金を使って損失を減額させてやれば

(・ω・)b オワリ!


この問題

第三期も答えだすと損失で500円 第3期に上がります

なので、結果この工事では5,500円の損失が出たということになります(´ω`)


引当金の言い回しが難しいけれど

要は、損失の発生は当期(以前)に原因があるけれど

費用または損失として「目に見える」のは将来である

「隠れた費用」をちゃんと当期で出そうね。

みたいなカンジだと思ふ(・ω・)





月~水までの勉強時間 14.5h

11月編の累計勉強時間 52.25h




読んだらポチッっとする( ゚∀゚)ノ
にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポムグラニット

Author:ポムグラニット
のんびり
まったり
勉強中~♪


☆キャラクター
 ○ ポムグラニット 
   当ブログの主人

使用テキスト
 TAC よくわかる簿記シリーズ

ぶろぐ村
ブログ村にも登録しております!
FC2ブログランキング
FC2ランキングに参加しております!

FC2Blog Ranking

リンク
カテゴリー
カウントダウン
結婚レシピ
FC2カウンター
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
「ぼきべん」での勉強時間
540.5h
日商6月試験(2012)勉強時間
318.25h
最近のコメント
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。